衣類はバックに入れて整理

 

 

衣装ケースは実家にはたくさんありますが、基本的に押入れサイズなので、かなり奥行きがあり、引っ張り出しても手が届かないこともよくありました。もちろん、きっちり整頓されていなければ、奥の方の品は忘れ去られてしまいます。

それに、季節の服をすべて合わせても、必要な服は意外と多くありません。衣装ケースを使わなくても、十分収納できると考えました。

そこで、普段は使わないボストンバッグや大きめのトートバッグによく使う服をしまい、スチールラックにバッグを置いてその都度そこから出して使うようにしました。自分のカバンに自分の服を入れておくようにしているので、場所も一目瞭然です。その真下にかごを置いて、そこに各人の靴下や仕事の制服を入れています。

また、新しい服を買って、その袋にすべて入りきらなくなったら、すでに持っているもののどれかを処分するようにしています。売るなり、リサイクルするなり、ぬいぐるみを作るなり。

物を少なくしてシンプルに暮らしたいですが、収納に使う入れ物もまた「物」なのです。今あるものを有効活用して、シンプルに暮らしたいです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。