地下100mに広がる秋芳洞も必見! 山口の秋吉台

露出したダイナミックな石灰岩が望める国定公園秋吉台。秋吉台は、もとは珊瑚礁だったという日本最大のカルスト台地です。地殻変動によって隆起し気の遠くなるような長い年月を掛けて現在のような地形になりました。

毎年2月中旬に行われる山焼きが終わると若草が茂り始め、春には辺り一面緑色の絨毯を敷き詰めたようになります。まだ草の丈が短いのでハイキングなどにもうってつけ。さらに秋には黄金色に輝くススキが群生し、晩秋には草紅葉(くさもみじ)と呼ばれる大地の紅葉が楽しめます。通称カルストロードと呼ばれる秋吉台道路からも凹凸のある絶景が楽しめるほか、展望台もあります。

また、秋吉台の地下100mには日本屈指の大鍾乳洞「秋芳洞」が。夏は涼しく冬は暖かい約1kmの洞内観光コースもおすすめ。カルスト台地にしみ込んだ水が沸き出す別府弁天池は、不老不死の水としても知られています。

■山口県美弥市観光総務課
住所:山口県美祢市秋芳町秋吉 秋芳洞観光センター
TEL:0837-62-0304
地図:Yahoo!地図情報
HP:http://www.karusuto.com/html/01-play/

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。