長野に咲く天下第一の桜 「高遠城址公園」

 

 

あまりいい画像がなくて申し訳ありませんが、本物はこんなもんじゃありません。春の高遠は、どこを見ても、桜、桜、桜。町中が可愛らしいピンクに染まっています! 高遠の桜は、タカトオコヒガンザクラという種類で赤みのある花が特徴、だからでしょうか? とても鮮やかに感じます。とくに高台にある「高遠城址公園」は、1500本以上の桜が花を咲かせるといい、満開の頃の園内は、桜に埋もれた迷路のようでした!

見ごろはだいたい例年4月中旬とか。その時期の「高遠城址公園」では、毎年「高遠さくら祭り」を開催しており、全国から25万人以上の観光客がつめかけるそうです。

人ごみを避けるなら「六道の堤」もおすすめ。「六道の堤」は「高遠城址公園」から国道361を西へ進み、「笠原入口」交差点を北上したところにあります。ぜひ一度足を運んでください!

■高遠城址公園
所在地:長野県伊那市高遠町東高遠
アクセス:JR伊那市駅よりJRバスに乗り高遠駅下車し南東へ徒歩約15分
地図:Yahoo!地図情報
「高遠さくら祭り2012」HP:http://takato-inacity.jp/h24/ (終了済みですが参考まで)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。