温泉とニホンザル…長野の「地獄谷野猿公苑」

 

 

雪景色の中、温泉を楽しむ地獄谷のニホンザルサルたち。1970年にアメリカの雑誌「ライフ」の表紙を飾り、1998年の長野オリンピックでも話題になるなど、今や世界中で有名です。そんな彼らに会えるのが「地獄谷野猿公苑」です。

ちなみに、この「地獄谷野猿公苑」のHPによると、地獄谷のニホンザルが温泉に入るのは、冬の厳しい寒さに耐えるため。温暖な時期には積極的に温泉に入りません、とのこと。

地獄谷は標高850mの場所にあり、1m以上の雪が積もり、最低気温は-10℃を下回るそうです。夏に訪れたので、サルたちの入浴姿を拝めるかどうか少々不安でしたが、ちゃんと見ることができました!それから、ここはサル専用なのでヒトは入浴できませんが、すぐそばの「後楽館」の露天風呂には時おりサルたちが遊びにくるようです。運がよければ一緒に入浴できるかも知れません!(冬の朝イチがよさそう?)

住所:長野県下高井郡山ノ内町大字平穏6845
電話:0269-33-4379
営業時間:夏季(4月頃~10月頃)8:30頃~17:00頃
冬季(11月頃~3月頃)9:00頃~16:00頃
休苑日:なし
入苑料:大人(中学生以上)¥500、こども(5歳以上)¥250
地図:Yahoo!地図情報
地獄谷野猿公苑公式HP:http://www.jigokudani-yaenkoen.co.jp/
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。