日中にたっぷり遊ばせて、昼寝をさせ過ぎない

早く子どもに寝てほしい……そう思ってもなかなかうまくいかないものです。ただ、毎日の生活リズムをちょっと見直すとおのずと早く寝てくれるようになります。

1. 朝は7時に起きる
早く起きれば早く寝ます。まずは起床時間を意識しましょう。

2. 午前中に遊び場へ出かける
お昼ごはんの前に出かけて、子どもを思いっきり遊ばせましょう。できれば日光を当てて体を動かして遊べばさらに効果的です。

3. 昼寝は3時間までにする
子どもが昼寝してくれるとうれしいものですが、夜に支障が出ないよう、3時間までにするとよいでしょう。

4. 午後3時以降は昼寝させない
午前に体を動かせて遊べば、昼寝をし始める時間も早くなるでしょう。そうすることで自然に早く寝るでしょう。

5.夜は8時までに寝かせる

寝る前の30分間は電気を消して、お母さんも一緒に絵本を読んで静かに過ごしましょう。

以上のライフスタイルを意識すると、自然に早く寝てくれるのではないでしょうか。参考にしてくださいね。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。