子どもを早く寝かせるコツは、1歳未満と1歳以上では全く異なりますので、分けて考えたいと思います。

子どもが1歳未満の場合

生活リズムがなかなかつかない時期です。昼間でも夜でも、うまく寝かしつけるには、それぞれの子どもの「好み」を見つけることです。以下に例を挙げます。
  • 背中や腰をポンポンと叩いてあげる
  • 髪をなでる
  • 歌を歌ってあげる(スローテンポの曲)
  • ママのにおいのするもの(カーディガンなど)をかける

子どもが1歳以上の場合

ポイントは、生活リズムをつけることです。何時に起きて何時に寝るという、リズムをつけましょう。昼間は思い切りあそばせましょう。

夕食から寝るまでの間は落ち着いた時間にして、だんだん寝る時間が近づいているというようにします。動と静の切り替えをつけることも大事です。

布団に入ってからは、子どもの好みに合わせます。
  • ママが添い寝をする
  • 耳掃除をする
などです。

小さくて言葉の意味がわからない年齢でも、「ねんねの時間」だよと繰り返し言って聞かせることも必要です。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。