硫黄臭も強い、那須の共同浴場「鹿の湯」

 

 

那須へ行った際、名前に惹かれ立ち寄った共同浴場が「鹿の湯」。近くを歩くだけで硫黄臭がすごく、温泉への期待も高まります。

入浴の心得 によると「入浴前にかぶり湯用の浴槽で、少し熱めのお湯を勺で100~300回ほど後頭部にかぶる」とのこと。

その通りにやってみたけれど、熱くて200回でやめてしまいました。よく見たら48度もあるそうで、熱いはずですね!

心得というからには皆やっているのだろうと思いましたが、誰もやっている人はいませんでした。私だけ何かの修行みたいでしたが、気にしません。温泉効果をアップさせるためにも必要なことですしね。

常連さんの話では遠くから毎週通っている方が大勢いるそうです。湯治場として有名なのも納得です。

お湯がとても熱いので、冬は特に良いかも。薬分の強い温泉 『鹿の湯』 はオススメですよ。

鹿の湯
住所:栃木県那須郡那須町大字湯本170
電話:0287-76-3098 / 0287-76-2045
地図:Yahoo!地図情報
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。