津波から立ち直った「きずな」が支える水族館

 
岩手県久慈市にあるおすすめスポット「もぐらんぴあ まちなか水族館」は、久慈駅から徒歩3分の場所にある水族館です。もともとは駅前ではなく、久慈駅から車で15分ほどの三陸海岸沿いにあったそう。石油備蓄基地の作業用トンネルを利用した世界初の地下水族館だったことから、「もぐらんぴあ」の名前がつけられました。

しかし、東日本大震災の津波被害で建物は倒壊。もとの場所での復活は困難な現状であった為、久慈駅前の家具店だった建物を譲り受け、復活しました。

見ることができる魚は以前よりは少ないですが、タレントの「さかなクン」から贈られた魚や淡水魚、クラゲなどを展示。「さかなクン」が魚類の素晴らしさに目覚めるきっかけとなったハコフグやサザナミフグなどが、直筆のイラストとともに見学できます。他にも、震災で生き延びたカメやカブトガニなど、思わず、「頑張ったね」と声をかけてあげたくなる「もぐらんぴあ」時代からの生き物もいます。

展示の少なさを補っているのが、スタッフの方達のあたたかい「きずな」。魚に触れ合えるコーナーや手作りの魚釣り遊び。2階には工作ができる体験スペースもあり、子ども達が楽しめる工夫が凝らされています。喜んでもらおうという気持ちがいっぱい詰まった、やさしい気持ちになれる水族館です。

■もぐらんぴあ まちなか水族館
住所:岩手県久慈市中央2丁目9
アクセス:JR、三陸鉄道「久慈駅」から徒歩3分ほど
地図:Yahoo!地図情報
TEL:0194-53-9600
営業時間:9:00~18:00(4月~10月)
10:00~17:00(11月~3月)
休館日:毎週月曜日
入場料:無料(体験代は別途)
URL:http://citykuji-kougyou.com/moguranpia/
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。