”蘇民祭”のイメージとはかけ離れた、静謐な古刹「妙見山 黒石寺(こくせきじ)」

 
岩手のおすすめスポットといえば「妙見山 黒石寺(こくせきじ)」です。

数年前、黒石寺で毎年行われている“蘇民祭”というお祭りのポスターがワイドショーに取り上げられ、日本中をにぎわせたと思います。お祭りには行ったことがないのですが、こちらのお寺は自然の中にひっそりと佇むという感じです。以前は、いつ行っても他の参拝客や観光客に会ったことはなかったのですが、平泉が世界遺産になってからは、行くたびに最低5人の方とは会うようになりました。

わたしは夏に行くのが特に好きで、その理由は石段を登って本堂の前に立つとどんなに暑い日でも、すごく涼しい風が吹いてくるからです。そして本堂を背にして石段へ向かい目を閉じると、心が落ち着いていくのを感じるんです。お祭りではたくさんの人たちが訪れて、大きな掛け声などを発するのをテレビで見ていましたが、普段は違うんです。

静寂を感じながら大きな本堂に手を合わせる、諸仏の拝観の予約をして住職さん(女性)のお話を聞く、どちらでもお好みの訪れかたをしてみてください。

■妙見山 黒石寺
住所:岩手県奥州市水沢区黒石町字山内17
地図:Yahoo!地図情報
TEL:0197-26-4168
URL:http://kokusekiji.e-tera.jp/

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/8/1~2021/8/31まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。