全国的に有名な和歌山紀州の名産品「南高梅」

私の場合ですが、「和歌山、紀州」と聞いて一番先に思いつくのが梅でした。数年前に旅行してからは、梅だけじゃないイイトコロをたくさん知れましたが、それだけ全国的に有名なのがこのブランド梅です。産地はみなべ町という海沿いの町。夏にはウミガメが上陸する浜辺があることでも知られています。

この梅の名前の由来は、町内にある「南部(みなべ)高等学校」を“南高”と呼ぶことから。品種改良の際に、この高校の先生と園芸科の生徒さん達が大いに関わったことから名づけられたそうです。ちょっといい話ですよね。梅の花が咲く2月には町全部が甘い香りに包まれ、隣町まで香りの便りが届くそうです。

梅干や梅酒、その他梅製品は町内各所の製造元で購入できます。
参考URL:http://www.aikis.or.jp/~minabe/tokusan/nankobai/index.html
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。