加賀棒茶「茎のほうじ茶」


undefined

 

加賀棒茶は、お茶の茎を原料とするほうじ茶のことです。 

「茎のほうじ茶」は、一番摘みの上質の茎を使用し、それを浅く炒りあげ、芳ばしさと澄みきった味をもとめて、丸八製茶場オリジナルの製法で仕上げています。

茎を原料としているので、芯に火をしっかり通すまでに強い火力が必要となり、その結果、表面が黒く焦げるそうです。そこで、オリジナルの製法で現在の美味しい香り深いほうじ茶が誕生。

丸八の創業は文久三年。丸八の商号は、初代 丸谷八左衛門に由来しているそうです。

棒状のほうじ茶を頂くと、香りの深さにまず驚きます。コクとまろやかさと、そしてまるでコーヒーのような深い味がして美味しいので、お土産としておすすめです!


■丸八製茶場 献上加賀棒茶
住所 石川県金沢市木ノ新保町1-1(金沢百番街 おみやげ館)
076-222-6950
8:30~19:00
http://www.kagaboucha.co.jp/index02.html

〈ショッピングサイト〉
http://www.kagaboucha.co.jp/shopping/index.html

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。