紙の新しいカタチを提案するプロダクト「SIWA・紙和」

 

 

山梨県乃市川大門は1000年の歴史を誇る日本を代表する和紙の産地。そんな土地にある和紙メーカー大直さんが、山梨県出身の工業デザイナーである深澤直人さんとコラボして作ったブランド「SIWA・紙和」の製品はとにかくオシャレ!

素材は同メーカーオリジナルのやぶれない障子紙「ナオロン」。紙といっても強度があり、使い勝手は抜群。シワそのものが風合いになり、使い込むうちにますます味わいが増していきます。

バッグや帽子などアイテムも豊富。写真のスクエアポーチ(Sサイズ2940円)は気軽なお土産にぴったり。カラーバリエーションも豊富で、男女年齢問わず使えるテイストも◎。販売は山梨限定ではないですが、山梨を代表する逸品なので山梨土産として大いにオススメです。

■SIWA・紙和
サイト:http://www.onao.co.jp/siwa/
販売店:全国各地の雑貨店。山梨なら、リカブエクラン店など(駅ビル4F)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。