本格的なハイブリッドではないものの、コストパフォーマンスは魅力的

結論から書くと、全く解りませんでした。調べてみたらアクセル開度少ない状況ではモーターのアシストを行わないようになっているそうだ。セレナの場合、本格的なハイブリッドと違い、モーター出力の微妙なコントロールができない。極端に言えば「オン」と「オフ」くらいの制御になってしまう。

エンジン出力が10馬力しか出してないときに補助させると「どん」というショックを出してしまう。40馬力くらい出ている普通の加速時に補助させてやれば、全くショックを感じないようになるそう。それでいてエンジンパワーを補助することもできるという寸法。燃費改善効果も期待できる。

ということで、ハイブリッドだということは体感できない。ただ標準のアイドルストップより0.6km/L燃費向上していることは間違いない。おかげで取得税と重量税は75%減税から100%免税となり、3万6000円分の節約に。マイナーチェンジ前のアイドルストップ仕様との価格差は5万4000円。

セカンドシートとサードシートには、3点式シートベルトが追加されている

セカンドシートとサードシートには、3点式シートベルトが追加されている

こう書くと1万8000円高くなった気もするが、今回のマイナーチェンジでは2列目と3列目中央席の3点式シートベルトの追加など装備向上も行っている。ユーザーが支払う金額としてはマイナーチェンジ前のアイドルストップ仕様と変わらず。以上、セレナを買うならハイブリッド仕様をすすめておきます。


【関連サイト】
日産 セレナ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。