支持派急増! 国際キャッシュカード

「もしも」に備え、クレジット・カードはできれば複数用意したい。
都市銀行などで発行していて、日本の口座にある金額を上限に、渡航先のATMから現金を引き出せるキャッシュカード。通常利用しているキャッシュカードをそのまま海外に持ち出して使えるため、渡航前の手続きが必要ありません。

現地にATMがあれば、20ドル、50ドルなど決まった単位で引き出すことが可能(引き出す都度、手数料はかかる)なので、とても便利です。

問題点としては、ATMが対応しない場合が時々あること。ガイドも何度か困ったことがありましたので、幾分かの余裕を持って引き出しておくべきでしょう。

また、注意事項としては、海外のATMは日本のように建物やBOXの中にあることは稀で、駅の構内や通りに面した建物に露出した状態で設置されています。それゆえ、利用者は常に周りに気を付けてなくてはいけません。ATMの操作に集中して背後を許してしまうと、暗証番号を知られ、その後財布ごとキャッシュカードまでスラレてしまうこともありあります。お金を引き出す際は、極力、周りの状況が安全そうなATM機を選びましょう。

海外での必需品、クレジットカード

語学学校のアクティビティ代やお土産の購入など、あまり想定していなかった出費に対応できるのが、クレジットカード。多額の現金を持ち歩かなくても済むのが最大のメリットです。盗難や不正請求にもカード会社は対処してくれるので、所有することのデメリットはそれほどありません。ただ、会計の際の金額が正当なものなのかは、きちんと確認してからサインしましょう。

クレジットカードは海外では身分証明書代わりになることもあり、ホテルや航空機の予約の際などにも必要となるので、最低1枚は(VISA かMaster)必要です。