家具と繋がるキッチンと木張りのバスルーム

 

写真をクリックすると最初の写真に戻ります
台所
1. ソファで寛ぐのは、この家を担当した伊礼智設計室の小倉奈央子さん。丸テーブルは小泉誠のデザイン。
2. キッチンの壁は白いタイル張り。奥の床下には通気用のジャロジー窓がある。
3. キッチン収納と隣り合わせの洗濯室と洗面所。奥はバスルーム。
4. バスルームは床のタイルが腰の高さまで立ち上がる。
5. 片流れの天井にはトップライトがある。壁と天井はサワラ材。


階段の向かい側も同様に、窓際の造り付け赤いソファーがエアコンを組み込んだ棚のあるライティングデスクに続き、冷蔵庫を挟んでキッチンへと、明快な境界がなく繋がっていきます。北東側に配置されたバスルームは、わずか1坪程ですが、最高4mという片流れの天井とトップライトの効果で、湿気とは無縁の明るく快適な空間になっています。
狭小住宅は、住まう家族の日常が無理なく成り立つことは当然として、それを超える生活の楽しさが感じられなければ、建てる意味がありません。その意味でこの家は、多様に使える場や居場所のあるプランと、建築と家具が融合したインテリアとが相乗効果を生んで、小さな家の閉塞感を解消し、豊かな生活を実現させた最良のモデルケースとなりました。

◆建築データと建築家プロフィール


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。