横浜市郊外の起伏のある典型的な住宅地に、この家は建っています。緑豊かな公園の西側に面するという、またとない好立地。この好条件を最大限に活かすべく、道路より1層高いレベルに黒い立方体のような木造2階建ての住居を乗せています。さてその立方体の内部は、どのようになっているのでしょうか。

コンクリートの上の“黒いキューブ”


写真をクリックすると次の写真に進みます
外観
1. 東側の外観。迫り出しの下は、駐車場と自転車置き場として使われている。
2. 通風の窓を開けたところ。
3. 東側が公園と向かい合う。
4. 焼き杉の外壁。
5. 上階の迫り出しはコンクリートの基壇から1m。


この家は、斜面に堅牢なコンクリート打放しの基壇を造り、その上に2階建ての立方体を乗せるという、何ともユニークな外観です。眺望により大きさと数を調節したガラスと、焼き杉の黒壁の組み合わせが、街のランドマークのように目を魅きます。

◆建築家プロフィールと建築データ