ツーリングは“どこをどう切っても3シリーズ”

BMW3シリーズツーリング

最高出力245ps/最大トルク350Nmを発生する2リッター直4直噴ターボエンジンに6MTと8ATを組み合わせる。燃費は旧型の325iツーリングより約10%向上、およそ14.7km/l(EUテスト・サイクルで100kmあたり6.8リッター)とされた

ツーリングボディはといえば、これはもうどこをどう切っても3シリーズ、である。セダンと変わらない走りをみせた。

速度制限のキビシい街中での低速走行では、タンタンタンと軽快な振る舞いでセダン+65kgの体重を感じさせずに走る。そして、ドイツの場合、街を出ればいきなり90km/h制限や100km/h制限のカントリーロードになる場合が多いのだけれど、そこではセダンに負けず劣らず、当意即妙なフットワークをみせた。やっぱり、3シリーズには、90km/hあたりで流すように攻める走りがよく似合うと思う。

アクティブステアやランフラットタイアの違和感も、もうほとんどなくなってきた。あとは、電動パワーステアリングの、60、70km/hあたりの気持ちの悪い抵抗感だけ何とかなれば、ハンドリング関係は、文句ナシ。
BMW3シリーズツーリング

ツーリングのボディサイズは全長4624mm×全幅1811mm×全高1429mm。旧型より全長が95mm拡大、ラゲッジ容量も35リッター広い495リッター(最大1500リッター)となった

ただ、ひとつ。日本仕様のセダンでも気になっていたアイドリングストップ時のノイズとバイブレーションには、改善の余地がまだあった。ツーリングでどうのこうのというよりも、デビューより時間がたってのランニングチェンジにより、かなり改善されてきた気もするのだが、やっぱりまだ気になってしまうレベルの音と揺れであった。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。