しっとり上質な走りは“これが3シリーズ? ”

BMWアクティブハイブリッド3

最高出力306ps/最大トルク400Nmを発生する3リッター直6ターボエンジンに、55ps/210Nmのモーターを組み合わせ、システム出力340ps/トルク450Nmとした。リチウムイオンバッテリーはラゲッジに床下に収納、リアアクスルの近くに配置したことで前後重量配分にも貢献する

気になるライドフィールはどうだったか。結論から言うと、AH5を上回る出来映えだった。“これが3シリーズ? ”という上質な乗り味で、5シリーズなど上級モデルの存在が危ういと思ったほどだ。

BMWの最新モデルには必ず備わるECO PROモードでまずは走り出してみる。もちろん、しばらくはEVモード。カタログスペックにある3~4km、時速75km/h、にはそうそう届かないけれども、ミュンヘン郊外のメルヘンな村々を抜ける間くらいはEVで静かに走る。

AH5もかなり重厚に走ったけれども、AH3もスタンダードモデルよりしっとり走る。ただし、AH5では明らかに車体の前後に重い荷物を積んでいるという印象が強かったが、AH3は違った。芯に集った重厚感だ。だから、いきなり加速に移るようなときでも、心許なさなどまるでなく、クルマの反応も自然でダイレクトである。3シリーズのバランスの良さを、まるでスポイルしていない。

助手席にいる間、ハイブリッドシステムの作動状況を映し出すモニターをずっと見ていたら、実に細やかな制御を行っていることが分かった。それでいて、乗っている方はほとんど切換えを感知しない。こういう制御がシンプルなシステムでもできるようになったからこそ、今になってのハイブリッド車市販、ということだろう。
BMWアクティブハイブリッド3

走行特性をコンフォート、スポーツ、スポーツプラス、ECO PROから選択できるドライビング・パフォーマンス・コントロール・スイッチを装備。ECO PROはアクセルペダル特性マップやシフトプログラムの調整、エアコンなどの出力調整などにより燃費をさらに向上させる

スポーツ+モードを選べば、eブーストが働いて、ひと昔前の4リッターV8自然吸気並みの加速をみせる。ドーンといきなりトルクの塊をぶつけられた感覚だ。AH5より、総じて完成度が高いと思う。開発当初から、ハイブリッド化を念頭においていたことが、いい結果につながった。