超進化! 新しいポルテにびっくり

以前、従来型ポルテに乗り、酷評したことを思い出す。パワー不足で走らなかった上、ハンドル切ると背の高いボディはグラグラ揺れる。助手席にスライドドア付いているだけのコンパクトカーだった。そんなイメージで新しいポルテに乗ったらビックリ! いろんな人にすすめたくなった次第(以下の写真は、ポルテの兄弟車のスペイドです)。
スペイドは、ポルテよりシャープで存在感のあるデザインになっている

スペイドは、ポルテよりシャープで存在感のあるデザインになっている


まず使い勝手。助手席は前後に長くスライドする。後方に下げると写真の如し。開発担当者に聞いてみたら、助手席にチャイルドシートを設置しても、助手席エアバッグと干渉することがないという。トランクスペースの無いハッチバック車は追突事故を考えたら助手席の方が安心。
買い物用のフックや収納用のポケットなど、運転席から手の届くところに、さまざまな工夫がされている

買い物用のフックや収納用のポケットなど、運転席から手の届くところに、さまざまな工夫がされている


ポルテなら助手席にチャイルドシートを設置して(後ろ向き装着はダメです)、子供も話をしながらドライブできるという寸法。開口部の広い電動スライドドアなので、身体が不自由な方や高齢者の乗り降りだって楽ちんだ(開くタイプのドアだと隣に駐まっているクルマにブツける可能性も大)。
助手席側に装備されたワイヤレス電動スライドドアで、優れた乗降性を実現している

助手席側に装備されたワイヤレス電動スライドドアで、優れた乗降性を実現している


運転席側のドアは普通と同じく前後2枚。子供を助手席に乗せ、他の人を後席に座らせるような時も、乗り降り容易だ。シートの座り心地だって文句なし。クッションの厚みや、カーブで遠心力掛かった時の「ホールド感」もキッチリ考えられている。コンパクトカーとは思えないほどの質感が魅力です。

インテリアを見ると気配りの細かさに感心するばかり。先ほどの写真のような運転席前の大きなポケットに始まり、助手席だと買い物フックや(ゴミ袋用に便利)テッシュボックスなど付く。助手席側のインテリア内張には、子供の身長を計るための目盛りまで付いている。ここまで煮詰めたクルマなど見たこと無い。