井伏鱒二「厄除け詩集」

■おすすめの詩:勧酒
■おすすめポイント:
「厄除け詩集」の中でイチオシを選ぶなら、『サヨナラダケガ人生ダ』のフレーズが有名な「勧酒」。

元々は別の作品で引用されていたこのフレーズに出会い、衝撃を受けたのがきっかけです。中学か高校の時でしたが、刹那的な美学というか何というか、直感的にカッコイイ!! と。

その勢いのままこの詩集にたどり着き、井伏鱒二といえば「黒い雨」しか知らなかった当時の私は更に衝撃を受け、すっかり虜になってしまいました。

「勧酒」を始め、有名な漢詩の訳詩はどれも超訳とも言うべきオリジナリティに溢れています。飄々とした中にも哀愁を感じさせられ、なんとも味わい深い訳詩になっています。この絶妙なセンスはどこをとっても素晴らしいです。

日本語の詩も軽妙洒脱で親しみやすく、学校の授業で扱われるような詩とは一味違った作品集です。

 



【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で書籍を見る

Amazonで小説を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。