【BEST1】Mother

■主演:松雪泰子、芦田愛菜

■放映年:2010年4月14日~6月23日

■概要:
子供嫌いの小学校教師・奈緒は、母親から虐待を受けていた児童・怜南に「母性」を覚える。ゴミ袋に入れられ捨てられた怜南を見て衝動的に怜南の母親になる決意をした奈緒は、学校に退職願を出し、2人だけの逃避行生活が始まるが……。

■理由や好きなシーン:
キャスティングも素晴らしいが、ただのお涙ちょうだい劇にならないよう、謎を解きながら進むストーリーが素晴らしく、また、芦田愛菜ちゃんの演技とは思えないほどの演技が秀逸。施設に隠れて電話をする長いシーンは見ものです。

【BEST2】アルジャーノンに花束を

■主演:ユースケ・サンタマリア、菅野美穂

■放映年:2002年10月8日~12月17日

■概要:
先天性の知的障害を持つハルは、幼いころに預けられたパン屋で働きながら、夜間学校に通っている。そんなハルに知能回復手術を受ける機会がめぐってきたことで、彼を取り巻く周囲のすべてが激変することになるのだった。 手術によって天才になったハルだったが……。

■理由や好きなシーン:
ユースケ・サンタマリアが屈託のない知的障害者から人を見下す天才に変貌していく様は、その辺の役者では出せないほどの名演技でした。

【BEST3】星の金貨

■主演:酒井法子、大沢たかお、竹野内豊

■放映年:1995年

■概要:
北海道の美幌別診療所に看護見習いとして住み込みで働く倉本彩は、耳と口が不自由な捨て子である。まだ赤ん坊の時に捨てられて以来、親を待ち続けている。そんな彩の診療所に医者として赴任してきたのが永井秀一だった。彩は次第に秀一に惹かれていく。しかし秀一は事故で記憶をなくしてしまう。

■理由や好きなシーン:
手話が出てくるいろんなドラマを見ましたが、このドラマが一番自然な感じで(スーパーを使わないため)役者の演技が引きたったと思う。また、次々とアクシデントが重なり、引きこまれていくストーリーが今の韓流ドラマの手本になったと思う。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。