MAXICOSI(マキシコシ)とQuinnyZapp(クイニーザップ)

 

 

MAXICOSI(マキシコシ )というブランドのベビーシートと、QuinnyZapp(クイニーザップ)という折りたたみベビーカーのセットです。シートは取り外してそのまま車用のチャイルドシートにもなりますし、子どもが大きくなったら別のシートをと組み合わせることも可能です。

以下、私がベビーカーを購入する際のポイントです。

■ベビーカーの向きは、対面が良い
すれ違う人のバック等の荷物や、歩きタバコと接触しないよう押す人と向かい合う形のベビーカーが良いかと。また、赤ちゃんの様子が分かるようこの形を考えました。

■ベビーカーの高さは、高い方が良い
道路と赤ちゃんの距離は実は近く、大人が思っている以上に熱さが伝わってくるのではないかと思っています。なので、できるだけシートと道路との距離ができるよう車高の高いベビーカーが良いと考えました。また、嫁と自分の身長差は、約15cm。どちらでも無理なく押せるベビーカーが理想。

■車を使用する頻度が高いから、ベビーカーの活用も考えたい
車での移動が考えられるため、ベビーカーもうまく活用できたらと思いました。あとは、車であれ家であれ、できるだけコンパクトに収納できるものが理想。

■小回りのきくベビーカーが良い
都内に住んでいることもあり、人は多いし道はせまい……なので小回りのきくベビーカーが良いと思いました。種類はたくさんありますが、「すべてのタイヤが固定されていない」と、非常に小回りが利きます。

■タイヤの大きさと、クッション性が重要
コンクリートでゴツゴツしている道や、坂道が多いためタイヤにも注目しました。クッション性が低ければ振動がそのまま赤ちゃんに伝わってしまうし、タイヤが小さすぎれば機動性に欠けます。実際に押してみないと分からない部分ですが、重要になってくるかと。

ベビーカーの詳細レポートはブログにまとめています。
ベビーカーファーストインプレッション
ベビーカー選びの「コツ」は、「用途」と「相性」 

 




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。