谷川俊太郎「あさ」

■おすすめの詩:朝のリレー
■どんなところがおすすめか:朝っていい、としみじみ思えます
■詩にまつわるエピソード:最初は教科書で知りました

教科書に載っていた「朝のリレー」。「カムチャツカの若者がきりんの夢を見ているとき」で始まる詩で、コーヒーのネスカフェのCMにもなっていました。世界中、どこかで朝は始まっているという詩なのですが、フレーズにぐっときます。

例えば、
「この地球ではいつもどこかで朝がはじまっている」
「ぼくらは朝をリレーするのだ」
「そうしていわば交替で地球を守る」
といったフレーズ。なんでもないような朝ですが、毎日来る朝、そして生きている一瞬一瞬が偉大なもののように思え感動し、詩集も読みました。

この「あさ」の詩集は写真集と半分ずつになったもので、谷川俊太郎さんの詩と吉村和敏さんの写真が楽しめます。「あさ」っていいものだとしみじみ思える詩集です。ネスカフェのCMはyoutubeなどでも見られるので、「朝のリレー」で探してみてください。



【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で書籍を見る

Amazonで小説を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。