新郎・新婦の家族や親戚もいるオフィシャルな場であることを考慮して考えた方がいいでしょう。

結婚式スピーチの基本構成

基本構成としては、

新郎・新婦、そしてご家族へのお祝いの言葉、自分の関係、ちょっとしたエピソード、これからの祝福の言葉

というのが基本です。

例えば、新婦の職場の友達というケースなら……

(新郎の名前)さん、(新婦の名前)ちゃん、そして、ご両家の皆様、おめでとうございます。
私は、○○ちゃんと同じ職場で、よく一緒にランチに行く仲です。

半年ぐらい前から、ランチの時に、以前よりも笑顔が多くなったなぁって
思ったのですが、それは、こんな素敵な人と結婚することが決まったから
だったのですよね。

「結婚したら、毎朝、旦那さんのお弁当を作ってあげるんだぁ~!」なんて
言ってたので、きっと、愛情いっぱいの美味しいお弁当を作るのだと思います。

あ、ちょっと、○○ちゃんにプレシャー、かけちゃったかな?

これからは、ランチの時間に、旦那様ののろけ話を
聞かされるのかもしれませんが、末永くお幸せに!


こんな文章でしょうか。


実際に、これぐらいの文章でいいと思います。

親族の方々は、いろいろな思い出があるので、長くスピーチしたいという方も多いですし、上司であれば、本人の仕事のがんばりなんかも話したいでしょう。

友人レベルでは、あまり長くならない、目立たない程度の方が、立場をわきまえたスピーチです。

「ウケ」を狙う人もいますが、あなたの講演ではありません。

新郎・新婦がメインであり、次に親族の方々が喜ぶ場なのです。

短めのスピーチで十分ですし、当たり障りのない内容だけでもかまいません。

それに、いざ、マイクを持つと、ついつい、いろいろしゃべってしまいそうになるので、その点は注意しますよう(笑)。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。