純正スピーカーの実力も抜群

もう1台は、プレミアムモデルにダイヤトーンのG50シリーズのスピーカーを組み合わせたデモカーだが、これは素晴らしいのひと言。低域から高域まで、レスポンスに優れ高解像度な音が楽しめる。どうせフロントスピーカーに高級アンプを使っているのだろうと思い聞いてみると、これが内蔵アンプだというからまた驚いた。内蔵アンプのできも、かなりいいようだ。
07

G50シリーズ・スピーカー搭載のデモカーは素晴らしいのひと言


低音はサブウーファーのSW-G50のおかげで、フロントスピーカーに見事に追従するキレの良さだし、低い周波数まで音階をはっきりと再現する。

もちろん、サブウーファー用に外部パワーアンプは使用しているが、それほど高くはない5万円クラスのもの。それでこんなサウンドがAVナビをヘッドユニットにした内蔵アンプ使用のシステムから出てくるのだ。


シンプルマップ採用のカーナビは瞬時の視認性良し

ナビ部分は、バックカメラを追加したときに可能なレーンアシスト以外、特別な機能はないが、検索。探索、案内というカーナビの基本機能はそつなくこなしてくれる。シンプルマップは、瞬間的な視認性が高いし、デモカーでは確認できなかったがスマートループ渋滞情報の取得も可能なようだ。
08

目的地まで安全・快適に誘導するというカーナビとしての基本能力は十分


カーナビを選ぶ際、重視するポイントは人それぞれだと思うが、ダイヤトーン・サウンドナビは「カーナビは基本性能がしっかりしていればいい。最重視するのは音質」という人にこそオススメのモデルである。

スピーカー交換の予定はないというのであれば、スタンダードモデルで十分。それでも、純正システムとは見違えるようなサウンドが楽しめること間違いないし、より高音質を目指すのであれば、プレミアムモデルをカーオーディオ専門店で取り付け、タイムアライメントやイコライザーの調整を綿密に行ってもらうといい。マイカーが期待以上の音楽空間に変わるはずだ。なお、それぞれの実勢価格はスタンダードモデルのNR-MZ60が16~17万円、プレミアムモデルのNR-MZ60PREMIが20~21万円だ。

【関連サイト】
CLUB DIATONE



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。