アウトドア用品のように堅牢なメインハーネス

ショルダーベルトも身体に沿うためにカーブが付けられている

ショルダーベルトも身体に沿うためにカーブが付けられている

マイキャリアのもう一つの特長は、大人の身体と抱っこしたときの保持姿勢を研究して生まれたメインハーネス。適度な厚みとクッション性があり、子供を背負ってもよれることはありません。

ショルダーベルト自体がなだらかなカーブを描いたパターンを採用しているため、身に付けたときのフィット感は最高。この機能性はアウトドア好きの人をはじめ、とくに男性にピンときやすいのではないでしょうか。

さらに特筆すべきはメインパネルに設けられたアルミ製のバックサポート。これはおんぶのときには必ず使用、抱っこの際は好みに応じて使います。バックサポートを入れることでメインパネルの堅牢性が増し、上半身全体で子供の体重を支えやすくなります。
肩甲骨を邪魔せず、背中全体に負荷を分散させる形状

肩甲骨を邪魔せず、背中全体に負荷を分散させる形状


バックサポート自体が身体の形状に合わせてカーブしており、さらに身体に触れる部分はクッション性があるため、当たって痛いということはありません。むしろ、あるのと無いのとではフィット感が大違い。子供が動いても安定して抱っこやおんぶができることに気付きます。





調整機構が充実

キャリアとハーネスをつなぐメインバックルはカラビナ形状。赤ちゃんの手をはさみにくい形状、かつ誤開防止のロック付き

キャリアとハーネスをつなぐメインバックルはカラビナ形状。赤ちゃんの手をはさみにくい形状、かつ誤開防止のロック付き

抱っこの仕方や抱っこ位置、子供や自分の体型に合わせてフィット感を変えやすいよう、あらゆる位置に調整機構がついています。ショルダー/ウエストベルトの長さ調節はもちろん、おんぶ時に子供をホールドする肩紐や赤ちゃんの頭を支えるヘッドサポート、子どもとの密着感を変えられるインナーサポート部分など、きめ細やかな調整ができるのはストッケならでは。

ヘッドサポート部分のバックルが赤ちゃんに当たらないよう、布地の中にバックルを設定

ヘッドサポート部分のバックルが赤ちゃんに当たらないよう、布地の中にバックルを設定

さらに子供の身体に触れそうな部分に関しては、ボタンやバックル類が触れないよう、布地が二重に構成されていたりもします。このような方法は縫製、裁断ともに大変手間がかかるため、バックルに着脱式のパッドを付属させるといった方式が一般的。それをあえて一体式、しかも外側からは目立たないようなデザインにするところにストッケのこだわりが見て取れます。

マイキャリアの布部分はすべてオーガニックコットン。大きなバックルを外せばキャリアは洗濯機洗いが、ハーネスは手洗いが可能です。


>> 次ページからは抱き方別の使い方と特長をご紹介