Windows 7をもっと使いやすくする技


 

 


■ウィンドウとドラッグすると、ドラッグしているウィンドウ以外を最小化する
【便利度】★★★
ウィンドウをドラッグして、左右に素早く振るような動作をすることで、ドラッグしているウィンドウ以外をすべて最小化します。再度同じ操作をすると、最小化したウィンドウが開きます。「ごちゃごちゃとしてデスクトップが見づらい!」というときに、さくっと使える機能です。

■ウィンドウをデスクトップの上端or左右の端にぶつけると、ウィンドウサイズを整形する
【便利度】★★☆
ウィンドウをドラッグしてデスクトップの上端、または左右の端にぶつけることで、ウィンドウのサイズを変更してくれる機能です。上にぶつけると最大化し、左右の端にぶつけるとデスクトップの左右どちらか半分のサイズになります。ウィンドウを整理したいときに知っておくと便利だと思います。

Win XPに慣れている人は、ウィンドウを上端に移そうとしただけなのに、いきなり全画面表示になったりして、おせっかいと思う時もあるかもしれません。でも、この機能は必要でなければoffにすることができるので、不要であればoffにしておけばOKです。

■タスクバーに「よく使う機能リスト」を表示してくれる。
【便利度】★★☆
Windows 7ではタスクバーのコンテキストメニューをなくし、よく使う機能のリストを表示するようになっています。ドキュメント、タスク、ショートカットなどをリストに入れることができ、リストにアクセスするには、右クリックか、マウスの左ボタンでドラッグし、マウスの矢印を動かして選択すると表示されます。

■ウィンドウを非表示にする機能
【便利度】★★★
これはWindows 7に限ってではないですが、ウィンドウをたくさん開く人ならぜひ知っておきたいのがこの機能です。ウィンドウを非表示に切り替える方法としては、ウィンドウズ・キーと「d」を同時に押すと、一度に画面からウィンドウが消え、もう1度同じ操作を繰り返すとウィンドウが戻ってきます。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。