1. 売りたい、では無く、売れたらいいな程度に考える事。

2. 他に同じ商品が出品されているか、過去にその商品が出品されていたか、いくらで落札されていたか調べる。

3. 開始金額は過去の相場状況等を考慮し、考えている額や、相場の半値位にしておくと、入札の見送り率が減ります。

4. 商品の写真は、汚れたり破損していたりする注意して欲しい所の写真・全体写真は必須です。

5. 商品説明は手を抜かないでキッチリ書き込む事、自分が買うつもりで何が書いてあれば安心できるか考える。

6. 落札終了日時は、大体落ち着いて見ている人が多い時間帯20時~23時、日曜終了にすると最短連絡で、月曜入金確認、月夕方又は火曜発送と最短で取引可能です。

7. 商品の梱包は、多少過剰気味の方が破損事故が防げます。

8. 送料は、配送業者と提携している人は通常料金より安くでき、固定送料差額で儲けを出していたりしますが、送料はあくまで、配送代金ですので、一般の人は送料は送料とし、正規配送料金を明確に記入したほうが落札する人にとっては安心できます。

9. オークションが終了したら時間を置かず、速やかに相手に連絡しましょう、分かりやすく基本的な配送方法・落札額送料込みの金額・支払い方法などなるべく相手との連絡が少なくて済むようにするのがコツです。

10. 商品発送後、商品の到着・破損は無いかの落札者の連絡があるまで、商品代金には手をつけない事。

11. 以上、とにかく分かりやすく安心して入札できる状態にすることが大事です。

12. 今までで売った物の最高額は20年前位の月刊誌(当時定価400円ほど)12冊セットで8万6千円で、売れると思って出品した商品が全く売れず未だに残っているのも現実です(笑)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。