基本はお米、チーズとトウガラシ

トウガラシ

ブータン料理の基本。生トウガラシと、干しトウガラシ


ブータンの主食はお米ですが、日本米とは異なり、粘り気の無い白米、赤米などが主流です。そして、おかずのメインはトウガラシ。ブータンでは、トウガラシはスパイスではなく、野菜として扱われ、これをチーズ、バター、塩、サンショウと共に煮込んだ「エマ・ダツィ」が、最も一般的なブータン料理です。「エマ」はトウガラシ、「ダツィ」はチーズを意味し、これを基本に様々な野菜や肉を入れてアレンジします。ジャガイモ(ケワ)を加えれば、「ケワ・ダツィ」、キノコ(シャモ)を加えればシャモ・ダツィ、カリフラワー(コピ)を加えれば「コピ・ダツィ」、干し牛肉(シャカム)を加えれば「シャカム・ダツィ」、干し豚肉(シカム)を加えれば「シカム・ダツィ」……といった具合です。そしてもちろん、トウガラシですので、とても辛いです!

バター茶

農家での定番、バター茶

また、ブータンは牧畜文化の影響も多く受けているため、チーズ、バター、といった乳製品も多くの料理に利用されます。農家に行くと必ず、「スジャ」と呼ばれるバター茶でもてなしてくれます。

 
市場で売られるブータン産の乳製品類

市場で売られるブータン産の乳製品類

スナックとして、「チュゴ」というブロック状の干しチーズを食べるのも一般的です。一見、キャラメルのように見えますが、口にするとものすごくかたく、非常に素朴な味がします。最近では、スーパーマーケットでブータン産のナチュラルヨーグルトを購入することもできるようになりました。

 
ブータン料理

ティンプーのサラリーマンに人気のブータン料理屋。大量の赤米、トウガラシとキノコのチーズ煮込み、牛の胃袋、豚のスペアリブに焦げトウガラシの薬味

敬虔な仏教徒であるブータン人は、動物の殺傷を避け、ベジタリアンが多いと思われる方もいらっしゃるかもしれません。でも、実際は、皆さんお肉が大好きです。「ブータン国外で精肉されたものならOK」というゆるやかなルールのもと、日常的に牛肉、豚肉、鶏肉、を食べています。時期によっては、ヤクの肉が市場に出回ることもあります。ただ、宗教的背景を考慮して、年に4回、約1か月間の「肉無し月」があり、この期間は肉を購入することができなくなります。

 

>> 続いて、旅行者向けのお食事についてご紹介します