受話部の穴がない!? ディスプレイから音が聞こえる、新しい簡単ケータイ

スマートフォン全盛のなか、auでは簡単ケータイの新製品を投入しました。
ディスプレイから音が聞こえるようになり、より聞きやすさが増した。2012年5月下旬以降発売予定

ディスプレイから音が聞こえるようになり、より聞きやすさが増した。2012年5月下旬以降発売予定


次に押すキーが画面のガイドと同じ色に光るので、操作に迷わない

次に押すキーが画面のガイドと同じ色に光るので、操作に迷わない

簡単ケータイK012は、大きな文字やアイコンで見やすく、バイブレーションや着信音も大きくなっています。

テンキーは、ひとつひとつのキーが独立しており、押し間違いを防ぐようにしています。また、次に押すキーが画面のガイドと同じ色に光るので、操作に迷わないという配慮もあります。

 

ワンタッチキーで、素速く登録相手や機能を呼び出すことができる

ワンタッチキーで、素速く登録相手や機能を呼び出すことができる

初心者向けケータイでは一般的なワンタッチキーも装備。画面下に3つのキーがあり、それぞれに通話先を割り当てることができます。

 
簡単ケータイK012の最大の特徴が「スマートソニックレシーバー」です。これは、通常のケータイは耳を当てる部分に受話部の穴があり、そこに内蔵されたスピーカーから音が伝わるのに対し、K012では、ディスプレイ全体から音が伝わるようになっているのです。

ディスプレイ全体で耳を覆い、通話することができるので、周辺の雑音を遮断した状態で声を聴くことができます。駅のホームなどうるさい場所でも通話が可能になるというメリットがあります。

また、「なめらか通話」「はっきり通話」という機能により、相手の聞き取りにくい音域を調整し、聞き取りやすくしてくれるだけでなく、音と音の間に周囲の音を入れ、より自然に相手の声を聴きやすくなります。

本体は防水、防塵設計となっており、風呂やキッチンなどで使用しても問題ありません。「スマートフォンはいらない。とにかくメールと通話ができればいい」という方々を中心に支持されそうなケータイと言えるでしょう。


【関連サイト】
au 簡単ケータイ K012
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。