IEは自分の過去を残している

Windowsの標準WebブラウザであるInternet Explorer(以下、IE)は、過去の様々な履歴を残しています。たとえば表示したWebページのURLやそのファイル、様々な情報を保存する仕組みであるCookieに、入力フォームに入力したパスワードなどの情報など、その内容は非常に多岐にわたっています。
Internet Explorer

IEはさまざまな履歴を保存している。


これらの履歴は入力の簡素化やページ表示の高速化など、IEを使いやすくするために残されているため通常は残しておいたほうが便利です。しかしそれらには人に見られたくない情報がたくさん含まれています。

また、過去の履歴を残し続けると、Internet Explorerを開くのに時間がかかるようになったり、意図しない入力履歴が残って使いにくくなったりします。また、パソコンへのログインユーザーを分けずに利用している場合には履歴を消したい場合もあるでしょう。

そこでここではその削除方法を紹介します。消し方をマスターすればより快適に、安全にインターネットを楽しむことができますよ。

→それでは削除方法を確認しましょう。