【第4位】
大気と一体化する開放感。誇張のない爽やかな音
シュア初のオープンバック型高級ヘッドホン シュア SRH1440

カナル型イヤホンの世界で高い評価を集めるシュアも、オーバーヘッド型ヘッドホン市場ではイマイチ地味な印象でした。8000円で買える「SRH440」やパワフルな「SRH840」は、音の好みや装着感、デザインが気に入るなら魅力的なモデルなのですが、カナル型が名機過ぎるのかも。

このSRH1440は、モニター的な音作りが得意なシュアが初めてリリースした、背面開放型のヘッドホン。新開発の40mmドライバーが搭載され、低音から高音までつながりのいい音作りです。
保管ケース、交換用イヤーパッド1組、交換用ケーブルが付属

保管ケース、交換用イヤーパッド1組、交換用ケーブルが付属


一聴して驚いたのは、まるで部屋の屋根も壁も消えてしまったかのような、広大で爽やかな空間表現。音像自体は自分の周りにしっかり止まっているのですが、耳の奧を押されるようなせせこましさが皆無で、ホッと安心しながら音楽を聴けます。

また、これからいい音が出ますよ! 聴いてくださいほらほら! 的な押しつけがましさ(あえて言うならインパクトも)とは無縁なのも特徴。シュアらしい中低音の密度や中高音のキレ味よりも、音楽をいかにナチュラルに再現できるかを追究したのでしょう。耳全体を包み込む装着感も、ジメジメした肌触りがなく良好でした。

4位に止まったのは単純に価格が理由です。量販店で3万円台中盤、安売り店で3万円弱では、やはり気軽に買うわけにはいかないかなと。


次のページは、第3位の発表です。