自律神経の切り替えが大事

交感神経と副交感神経は、一日の中でリズムを持って働いています。交感神経は朝から上がり始め、昼をピークに夕方に向けて下降します。一方、副交感神経は昼から上がり始め、夜中をピークにして、朝方に向けて下がっていきます。この2つの自律神経の切り替えが正しく行われることが重要になります。

みなさんは、体内時計という言葉をご存知でしょうか? 人間の体の中には、時間の流れを管理してホルモン分泌や新陳代謝など、時間ごとに行動をおこさせる機能があります。これまでは、そのような体内時計が脳の中に存在すると考えられていましたが、最近の研究では細胞それぞれに時計遺伝子というものが存在し、これが時間を管理していることがわかりました。

自律神経の切り替えには、この時計遺伝子を作動させることが重要です。そのために鍵となるのが、朝の太陽の光と、朝食です。

朝起きたら、まずカーテンを開けましょう。曇りの日や雨の日でも、窓際であれば時計遺伝子をリセットするために十分な朝日が得られるはずです。時計遺伝子をリセットすることが自律神経の乱れを整える第一歩です。仕事の関係で、夜働いて、朝寝る生活をしている人でも、一日に一度は太陽の光を浴びてください。人工の光では、時計遺伝子はリセットされません。夕方でも構いませんから、一日一度は日光を浴びて、時計遺伝子をリセットしましょう。

朝の光と並んで、朝食を食べることも大事です。実は、時計遺伝子をリセットして作動させるためなら、朝食に何を食べてもかまいません。バナナ1本にヨーグルトという朝食でも十分です。あくまでも朝食をとる習慣をつけることが大事なのです。

<関連サイト>
自律神経測定サービス Lifescore
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項