JR中央線の最寄り駅から15分ほど歩くと、武蔵野の風景を忍ばせる鎮守の森や、欅の大木が残る屋敷林が現れます。都市部にありながら大きな空が眺められるという願ってもない環境に、個性的な外観の家が建っています。南北に48フィートの奥行きをもつこの家には、家族のライフスタイルに合わせた「生活を楽しむ仕掛け」が用意されていました。

船に見立てた外観


写真をクリックすると次の写真に進みます
外観
1. 外壁はガルバリウム鋼板。中庭を挟んで南北に部屋が振り分けられている。
2. ガレージと玄関アプローチ。
3. アプローチの扉と玄関の間には中庭がある。
4. 玄関ポーチには木のベンチが据え付けられている。


この家の外観は「周辺の緑に浮かぶ船」に見立てています。正面は車2台が停まるガレージと玄関アプローチ。「深海」を連想させる濃紺のタイル張りの壁の奥に控えていたのは、アオハダが植えられた2坪の中庭です。連続するスギの格子と柱を見ながら枕木風のスロープに足を進めると、玄関脇にイルカをデザインしたステンドグラスが嵌め込まれた丸窓が見えてきます。ここにもダイビングが趣味という建て主ご夫妻を象徴する「海」のイメージが待っていました。

◆建築家プロフィールと建築データ