トヨタ86

何度も紹介してきたトヨタ86ながら、今まで全て試作車&テストコース。やっとナンバー付き市販車の公道試乗会が行われたので紹介したい。
着座位置が低く、文字通り、意のままに操れる感覚が楽しめるトヨタ86

着座位置が低く、文字通り、意のままに操れる感覚が楽しめるトヨタ86


まずは6速AT仕様から。Dレンジをセレクトして走り出すと、元気良い音を出す。エンジン音は排気音と吸気音両方あるが、吸気音を聞かせる。排気音出すと規制に引っかかるし、相当大きな音量じゃないとドライバーの耳に入ってこない。吸気音ならエンジンルームから出るためドライバーに近くて聞こえやすいというメリットを持つ。アクセルを少し深く踏み込むと、「こーっ!」という音を楽しめます。少しばかり演出過多ですが。
エンジンサウンドが走る楽しさを増幅させてくれる

エンジンサウンドが走る楽しさを増幅させてくれる


AT車でも絶対的なパワーは必要にして十分! スポーティカーとして全く不満ない走りを楽しめる。ハンドル切った状態でアクセル全開にすると、2速までならパワースライドするほど(横滑り防止装置とトラクションコントロールはオフの状態に限る)。ヨーロッパ仕様の最高速は230km/hか。

少し硬めな乗り心地ながら、ショックアブソーバーの動きがソコソコ良いため決して不快じゃない。BMWやポルシェの高品質感にこそ届いていないものの、快適性とハンドリングのバランスの良さは今までの国産スポーツモデルの中じゃベスト。「違いの分かるクルマ通」でも納得できるレベル。

一般道を走らせていて感じるのが着座位置の低さ。これほど目線の低いクルマは珍しい。マツダ・ロードスターですら86から乗り換えれば高い位置に座っている感じ。しかも重心が低いためだろう。クルマの動きは素直。ワインディングロードを走ると、文字通りの意のままに操れる感じ。
メーターは配置だけではなく、メモリや数字の書体にまでこだわっている

メーターは配置だけではなく、メモリや数字の書体にまでこだわっている