職人さんのつぶやきをひろう

大工さん
床が無垢材なので、伸び縮みのことを考え、目地を名刺の厚み一枚分あけて施工しました。きれいに貼れました。

クロス屋さん

壁紙がビニールクロスではなく和紙クロスということで多少緊張しながら貼っていきました。重なり部分に注意をしながら施工しました。

設備屋さん

節水型のトイレ便器だったので水と汚物が一緒に流れるよう、勾配に注意しました。勾配が緩いと水だけ流れてしまうからです。


最後に建築家 佐川旭のコメント

家づくりにはいつも何らかのドラマがあります。Mさんとは出会って1週間で土地を見てほしいとの相談を受け、その後設計依頼をしていただき、とても信頼されたと思い、その期待に応えるよう気を引き締めて仕事をさせていただきました。大きなトラブルもなく引き渡せたことにホっとしています。

働くことは人と人との関係性をつくること。人との出会いは宝です。

Mさんありがとうございました

Mさんありがとうございました


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。