single

親恃みばかりではいけないが、本当にありがたい親からの援助

マンション購入の際、頭金をいくらにすればいいかというご相談を多く受けます。いくら出すか、とりもいくら手元においておくかと考える方がわかりやすいのでおすすめです。

購入価格が同じ場合、頭金が多いほど住宅ローンの借入額が減り、総返済額も少なります。自分の貯金にも限度があり、頭金を増やすには他の調達先を検討しなければなりません。もっとも身近なのが親からの援助です。

頼りたくない、あてにしたくない、そういう方ももちろんいらっしゃいますが、意外と、親御さんの方では「援助してもいい」、「援助したい」と思っているケースもあるのです。何から何まで親頼みではいけませんが、自分で予算計画と返済計画を立て、それでもあと数十万あれば、トータルでこれだけ違ってくるなどときっちりと誠意をもってプレゼンできれば、親御さんもサポートしてくれる可能性が高まります。一度ぜひお話ししてみてください。

親からの資金援助の方法は3つ

・贈与
これは、お金をもらって、頭金に入れてしまうケースです。ただし、親から贈与も贈与税の対象です。贈与税の税率は非常に高いので、贈与の特例などが使えないか検討することが重要です。

・借りる
資金を借りれば、返済しなければなりません。親子間でもきっちりと借用書をつくり、定期的に返済する必要があります。あるとき払いの催促なしは贈与とみなされ、贈与税が課せられることもあるため注意が必要です。

・共有名義
「もらう」でも「借りる」でもないのがこの方法。3000万円のうち親が1000万円を援助してくれるならば、マンションの3分の1が親のものとなります。つまりマンションはあなたと親御さんの共有物。親は自分のお金でマンションの一部を購入することとなり、贈与税は発生しません。

贈与税や贈与税の特例も年度がわりで改正されるため、情報収集につとめ、自分にぴったりの方法で資金計画を立てましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。