年の差婚

かなり年の離れた若い女性と結婚をする「年の差婚」をする人が増えています。幸せをつかむ人の共通点はどこにあるのでしょう?

最近、年齢差のあるカップルの結婚が話題を呼んでいます。芸能界でも、加藤茶さんご夫婦の45歳差、大森南朋さんご夫妻の18歳差、ラサール石井さんご夫妻の32歳差、堺正章さんの22歳差……と、枚挙にいとまがありません。しかも、みなさんとっても幸せそう!

このように、今の結婚のトレンドともいえる「年の差婚」について、考えてみましょう。

「年の差婚」で幸せをつかむ人の共通点とは何か? など、今回は男性の目線も含めて、じっくり考察していきたいと思います。

 

年の差婚をする男性の心理とは?

まずは、年の差婚をする男性の心理を考えてみましょう。年の差婚を果たした男性は、かなり年下の妻を伴侶にしたことで「若い女性からモテているオレってすごい!」という、まだまだ男として第一線で輝いている証明にもなるようです。そこには、そんな自分を誇らしく思う気持ちや、周りからの羨望のまなざしを嬉しく感じるという、よくいえば単純な男性心理が働いています。

もちろん、女性から見て魅力を感じる要素には、男性の財力や人脈といった年齢相応に培ってきたキャリアもあります。しかしながら、お金やコネクションだけを武器に若い女性と結婚できているわけではないのも事実です。


年の差婚で幸せをつかむポイントは「マーケティング力」

本人の魅力もさることながら、年の差婚に必要なのはズバリ、「マーケティング力」でしょう。たとえば、若い女性が好むお店やアクセサリーのブランド、ファッションや話題などをしっかりおさえておくことも重要になります。

そのためには、日頃から「どんなことをすれば若い女性に好かれるのか?」という研究を怠らないマメさが問われることになります。基本的にマメな男性は女性から好意を寄せられやすいといわれているのは、みなさんもご存じのとおりですね。

そして、今どきの情報に触れることによって、自然と自分自身も磨かれてくるというわけです。なによりも、年の差婚をする男性を見てみると、実年齢よりも若々しく見えると思いませんか? これは、マーケティングを重ねた結果の賜物といえるでしょう。

>>次のページでは、年の差婚で幸せをつかむ男性の魅力に迫ります!