iOS版iPhotoが登場

iPadで写真をきれいに見せたい、公開したいと思ったときに、「ここをもっと明るくしたい」「背景だけをぼかしたい」といった欲求を、もっと簡単に満たしてくれる、そんなアプリはないだろうか...と探していた方も多いと思います。

そんな折り、iPhoneおよびiPad対応のiOS版iPhotoが登場しました。これはiPhone(iPhone 4以降)、iPad(iPad 2以降)で撮影したり、iTunesやiCloudから読み込んだ写真を直観的に、かつ容易に補正や効果を加えることができるというものです。
iOS版iPhoto(図はiPad)の編集画面

iOS版iPhoto(図はiPad)の編集画面


先日発売されたばかりの新しいiPadにこのiOS版iPhotoを早速インストール。直接写真に指を触れながらの滑らかな操作性に加え、上質な補正機能は想像以上で、ガイドも衝撃を覚えました。今回はそのような優れた機能の中から注目度の高いものを紹介していきます。

iOS版iPhotoの特徴とは?

iOS版iPhotoとはどのようなものなのでしょうか。基本的には次のように、
  • 見たい写真を選んで見る
  • 写真をきれいに楽しく編集する
  • 写真を公開する
という、3つの大きな機能を持っています。それではまず写真を「選んで見る」機能から見ていきましょう。