中学受験しないなら、別の何かに打ち込み、「厳しさ」を学ぼう!

野球少年

辛いことを乗り越える経験が必要

さて、こういう話しをすると、「野球と勉強は違う。野球に打ち込むのは楽しいけど、勉強に打ち込むのはかわいそう」という人がいます。でもそれは、単に「野球は楽しくて、勉強は苦痛である」というその人の思い込みでしかないと思います。

イチローだって何度も「野球が辛い」と思ったことがあると思います。何かを本気で成し遂げようと思ったら、必ず「辛い」こともあります。それを乗り越えてこそ、上達があります。それを乗り越えてこそ、本当の楽しさが分かります。それを乗り越える経験こそ、今の教育に足りない「厳しさ」ではないかと思います。

「厳しさ」とは、やたらに怒鳴りつけたり、苦行を押しつけたりすることではありません。どんなに辛くても「成すべき事を成さねばならぬ」ということを経験することが、本当の「厳しさ」だと思います。ゴールデンエイジのころからそういう「厳しさ」に直面してきた人だけが「一流」になれるのだと思います。(ただし、この「厳しさ」が必要なのは、ゴールデンエイジ以降です。それ以前は「楽しみながらたくさんの体験を積むこと」ことが大切といわれていますから、チビタス世代の親御さんは焦らないでくださいね。)

中学受験は、いい学校に入るために仕方なく選択する「手段」ではありません。中学受験という機会を通じて自分の努力で道を切り開く「厳しさ」を経験すること自体が、中学受験をする「目的」なのです。

だから、「中学受験をしないという選択」をしたのであれば、親としては、別の何かの形で、ゴールデンエイジに何かに打ち込み、本当の厳しさを学ぶ経験を、子どもに与えてあげるべきではないかと思うのです。


>> チビタス特集「中学受験の最新事情」へ





■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。