ケータイのような気持ちよさがあるINFOBAR C01

高機能で多機能なスマートフォンは、急速に普及しているが、ケータイのほうが好きという人も少なくない。大型化が進む最近の端末は、手やポケットなどの収まりも決して良いとはいえないし、そもそもタッチパネル操作が苦手という人や、画面でテンキー入力を使って文字を入力してる人も多い。iPhoneスタイルが全ての人にも快適ではないということだろう。そんな人におすすめなのが、auのINFOBAR C01だ。
タイルデザインが特徴的なauのINFOBAR C01

タイルデザインが特徴的なauのINFOBAR C01


INFOBAR C01は、ケータイ版INFOBARのイメージそのままのテンキー搭載ストレートタイプ。画面は3.2インチと、最近のスマートフォンに比べれば小さいが、幅が52mmというケータイサイズになったおかげので、片手で持ちながらテンキーで文字入力ができる。
ケータイ感覚で押しやすいテンキー

ケータイ感覚で押しやすいテンキー



片手で使える小ささが嬉しい

INFOBAR C01は、画面は小さく、搭載メモリも多くない。しかし、TwitterやFacebook、Webブラウズ、メールなどを使っていても、画面の大きさがものすごく気になるわけでもない。メモリも、確かにアプリを50個や遊ばないゲームもとりあえずどんどんインストールしておこうといったことには向かないが、microSDが使えるので、データだけなら外部メモリカードに入れておけば問題ない。おサイフ機能の決済、ワンセグ視聴など、ケータイでできたことは一通りできる。なによりそれらが片手でスイスイ使えるところが良いのだ。


INFOBAR C01ここがイイ! ここがもう少し…

INFOBAR C01の特徴を簡単にまとめると、以下のようになる。

■ここがイイ!
・片手で使える52mmのスリムボディ
・テンキーで文字入力ができる
・おしゃれなオリジナルホーム画面
・軽量106g

■ここがもう少し…
・バッテリー容量が小さい
・メモリが少ない
・インカメラがない

次のページから、INFOBAR C01の実力を紹介していこう。