都市型住宅は狭小敷地や変形敷地、さらには住宅密集地、様々な法規制など、建築のための条件が厳しいのが一般的です。それは、住宅内の居住環境の快適性と、地球環境への配慮を両立させる点でも同様です。旭化成ホームズ(ヘーベルハウス)は、そんな厳しさが伴う都市型住宅の分野で数多くの実績とノウハウを持つ企業です。

旭化成ホームズ 「エコ」のポイント

  • ALCコンクリート「ヘーベル」
  • 住環境シミュレーションシステム「ARIOS」
  • 「移ろ居(うつろい)」設計
まず、構造面からみてみましょう。旭化成ホームズの住宅には、外壁と床、屋根にALCコンクリート「ヘーベル」を用います。これは、内部に無数の細かい気泡を含むため、コンクリートの10倍という高い断熱性を備えています。

主寝室

日照や通風に配慮した寝室の事例。窓の向こうにはルーバー(格子)を設け、これにより周辺からの視線も遮りプライバシーも確保している(クリックすると拡大します)

旭化成グループの旭化成建材が生産し、高い断熱性能をもつと評価が高い断熱材「ネオマフォーム」をはじめとした高性能断熱材も採用。これらを一体化させた二重構造「ダブルシェルター構造」という独自の断熱の仕組みにより、次世代省エネルギー基準をクリアする断熱性能を確保しています。

ちなみにこのダブルシェルター構造は、鉄骨躯体を二重の断熱ゾーンで連続的にくるみ、壁体内・天井裏にもうける配管・配線ゾーンと分けることで、将来のリフォーム時などの設備配線・配管の変更時にも、断熱材を傷める恐れがないのも特徴です。

このような躯体性能に加えて、独自の住環境シミュレーションシステム「ARIOS(アリオス)」で、設計時から建物内部の居住環境を把握できることも大きなポイントの一つになります。具体的には「日照」「日射」「通風」「採光」「CO2」の状況を、設計時から知ることが可能となります。

例えば、日照については敷地条件(位置・周辺環境)のデータから、日影や日照エリア、一日ごとはもちろん、季節に応じた合計日照時間まで把握。それに伴い、建物配置やゾーニング、開口部の位置などを検討できるというわけです。

エコや快適性もあきらめない都市型住宅

このような前提の上で、さらに近年力を入れているのが「移ろ居(うつろい)」という環境設計です。さて、「移ろ居」の大まかなコンセプトは(1)「風」と「熱」の計画、(2)「光」と「灯り」の計画、(3)「緑・水・土」、「眺め」の計画、(4)「移ろ居どころ」の計画、からなります。

「計画」とあるように「ARIOS」でまずしっかりと、設計段階で住宅内部がどのような居住環境になるのかをチェック。その上で、建物の位置や外構のあり方、間取り、開口部をどのように配置するのかなどを、細かく検討するというわけです。

移ろ居設計

「移ろ居」設計では、建物の周辺環境にも配慮。家族が集まるリビングの前には植樹をし、日照や通風のコントロールに役立てている(クリックすると拡大します)

「移ろ居どころ」というのは、これでのLDK発想による間取りではなく、「食べる」「集う」「くつろぐ」「安らぐ」など、その時そのときの自然なリズムに沿った居場所をつくり、そこで心地よさを感じられるようにする考え方です。

都市型住宅というと、狭小敷地だから、狭い建物だからという理由で、エコへの配慮や居心地の良さをないがしろにした設計の住宅が目立ちますが、厳しい条件であってもそうした点もあきらめずにすむのが、旭化成ホームズによる都市型住宅なのです。

なお、スマートハウス仕様については2012年7月に、HEMSとV2H(住宅と電気自動車などの間で電力を融通するシステム)を導入し、太陽光発電システム、蓄電池、燃料電池も含め、一通り対応できる体制を完成。さらに、「二世帯同居のかたちとエネルギー消費の実態」を独自調査するなど、都市型住宅に高いノウハウを持つ旭化成ホームズらしい取り組みも展開しています。


■旭化成ホームズのほかの記事も読む
〈特徴〉 住宅の長寿命化の先駆者
〈耐震〉 ロングライフを支える耐震技術
〈環境〉 都市でもエコと快適性を両立!(本記事)
〈商品〉 ロングライフ住宅に一層の進化
〈見どころ〉 ロングライフがよくわかるバス見学会

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。