ヤマダホームズの住まいづくりの特徴は邸別のこだわり抜いた設計やデザインにあります。その姿勢を理解するためには展示場のモデルハウスを見学するだけでなく、様々な事例を実際に見て体験することが重要になります。そのために数多くの見学の場を提供しているのもエス・バイ・エルの魅力。今後はグループ入りしたヤマダ電機の敷地内にモデルハウスを設置するという計画もあります。

ヤマダホームズよりよく理解するためのポイント
  • ヤマダ電機にモデルハウスオープン
  • 街なかオープンハウス
  • 工場見学

モデルハウスにも表れるヤマダ電機との提携効果

ヤマダホームズは、ヤマダ電機のグループ企業です。このことは単に経営面だけの変化にとどまらず、様々な部分でヤマダ電機との提携効果が期待されそう。というのも最近、ヤマダ電機の店舗がある敷地内にモデルハウスの建設を推進しているからです。
 
実験

エス・バイ・エルのパネルと一般的なツーバイフォーパネルとの引っ張り強度実験の様子。独自の接着技術を用いるエス・バイ・エルのパネルが強度において勝っていることがわかる(筑波工場。クリックすると拡大します)

2014年3月にはヤマダ電機の「New神戸垂水本店」(神戸市)と、「春日部本店」(埼玉県春日部市)にモデルハウスがオープン。これにより、皆さんがもっと身近にヤマダホームズのモデルハウスを訪れることができますし、さらには家電も含めたトータルなインテリアコーディネート、よりこだわりの深い住まいづくりが可能になるということです。

これは、他のハウスメーカーにはないヤマダホームズならではのユニークな特色となるはずです。さらにはスマートハウスによる街づくり事業でもヤマダ電機との提携効果が表れてきそうですから、実際の物件でその様子を確認できる機会が出てくるかもしれません。

さらに現状では「街なかオープンハウス」という取り組みも積極化しています。これは一定期間モデルハウスとして活用した後、分譲住宅として販売する建物のこと。他のハウスメーカーも積極的に採用しているモデルハウスの新たなスタイルです。

分譲住宅として販売することを想定していますから、ヤマダホームズの標準的な仕様や設備が導入されており、建物もリアルサイズなので私たちになじみやすいのが特徴です。もっともデザインや間取りの設計などはそれぞれ特徴付けが行われています。
 

性能や技術を詳しく体感できる工場見学会

壁体内換気システム

壁体内換気システムの効果をわかりやすく説明するコーナーも(つくば工場。クリックすると拡大します)

ですから、見学すればこれからの住まいづくりのヒントが得られることは間違いありません。注文住宅で住宅を取得したいと思われる方には、ぜひ参考にしていただきたいのがこのようなモデルハウスなのです。

ところで、ヤマダホームズは木質系のプレハブメーカーであり、その生産工場を見学することも同社のことをよく理解する上で役に立ちます。現在同社はつくば工場(茨城県つくば市)と山口工場(山口市)の二ヵ所を有しています。

このうちつくば工場には、構造がよくわかるモデル棟が用意されています。ヤマダホームズの商品の特徴は、「壁体内換気システム」という独自の工法を採用していること。これは構造躯体の耐久性を長期間維持するのに大きな効果を発揮するものです。

工場見学会では、品質管理の行き届いた生産ラインの様子だけでなく、このような基本的な性能に関する確認もできます。また、構造体に用いられるパネルの強度実験や防火性能の高さなど、住宅展示場のモデルハウスでは決して確認できないポイントも体感できます。

■ヤマダホームズのほかの記事も読む
〈特徴〉 デザイン性と設計力に定評のハウスメーカー
〈耐震〉 壁体内換気システムで建物の耐久性をアップ
〈環境〉 企業建築家によるエコ住宅づくりを推進
〈商品〉 企業建築家の起用によりこだわりの住まい実現
〈見どころ〉 ヤマダ電機の敷地内にモデルハウス建設へ(本記事)
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。