心の「乾燥警報」に注意!

妻達のストレス解消法!いまどきの満たされない妻達のもやもや解消法

心のもやもやはどうしたら消せるの?

心が「乾いている」と感じている主婦の皆様が増えています。経済環境は引き続き厳しく、子育てをしながら仕事に就く女性も増加。また、「ゆとり教育」が終わり、変化を迎えている子供たちの教育、身の回りの治安や環境の悪化への不安など、家族の安全や子供たちの将来を預かる主婦の皆様は、さまざまなプレッシャーにさらされています。そこで今回は、あわただしく毎日を過ごしながら、「あー、私の人生ってこのままなのかしら」「何か日常に刺激や変化が欲しい」といったもやもやをかかえている方に、ストレス解消とプレッシャーに負けない心の潤いチャージの方法をご紹介しましょう。
 

満たされない妻たちのストレス解消法1:マッサージ

体の不調は心の不調につながります。「手当て」とはよく言ったもので、人の「手」を「当ててもらう」ことで、私たちは癒しを感じるようにできています。そこでオススメなのは人の「手」によるマッサージ。肩こりなどの解消はもちろん、体のゆがみが直ることで、冷えや食欲不振などの症状に改善がみられることもあります。日常の中で「自分だけの時間」が持てるだけでも、癒し効果は抜群です。様々なマッサージの方法やサロンがありますので、口コミやネットの情報などを参考に、ぜひ体験してみてはいかがでしょう? 体調改善と併せて、心の潤いもチャージできてしまうはず。
 

満たされない妻たちのストレス解消法2:ゲームセンター

「ゲーセン」と言えば、薄暗く、タバコ臭くて、営業をさぼっている中年やチャラい若者が、うつむいて黙々とコントローラーを操作している不健康な感じをイメージする方も多いかも……。しかし今はゲームセンターがどんどんアミューズメントパーク化しています。明るい店内には、体を動かす体感系のゲームがたくさんあり、女性の笑い声があふれているところも増えてきています。メダルゲームも「比較的お金がかからず遊べる」と人気なのだとか。シューティングゲームで日頃のストレスを撃ちとばし、UFOキャッチャーでぬいぐるみをゲット、というのもアリですよ。「一人ではちょっと……」という方は、ぜひママ友をさそって出かけてみましょう。
 

満たされない妻たちのストレス解消法3:エア恋愛

心の潤いを取り戻す最も有効な方法といえば「恋愛」。ただし、本格的な浮気は、潤いを通り越してドロドロな修羅場を招き、心に痛手を負うことにつながります。程よく「ワクワク」「ドキドキ」なときめきを楽しむにはエア恋愛がおすすめ。ごひいきの若手芸能人をぜひ見つけてみましょう。写真集やDVDなどで楽しむのはもちろん、思い切って、コンサートに出かけてみたり、握手会に参加するなど、「生」で会う機会を作りましょう。

特に、身の回りに話しの合うファンがいない方の場合、イベントは話題の合う人を見つけられるチャンス。積極的に隣の人と情報交換をしてみては? 今をときめく嵐だって、ファン層の半数近くは彼らより年上の世代だと言う説もあります。「年上だから」「既婚者だから」といったためらいはエア恋愛には不要。思い切って若い男子に「ラブ注入」しちゃいましょう!
 

満たされない妻たちのストレス解消法4:ひとりH

女性として、性の歓びは心の潤いに直結します。各種のアンケート調査によれば、夫婦間でのセックスに満足している女性は、その他の様々な生活面においても満足度が高い傾向にあります。とはいえ、旦那様とのセックスに不満がある、義務でしているだけという方も少なくないでしょうし、そもそも夫婦間の性交渉自体がありません。なんていう方もいらっしゃるはず。

そうなると、旦那様に頼らないひとりHに「気持ちよさ」を求めるのは自然の流れです。実際、最近の女性誌のセックス特集では、ひとりHの方法を詳しく説明したものが増えています。女性を意識して開発されたラブグッズや官能小説、DVDなども世の中に多く出回っています。自分の体を一番知っているのは自分。「後ろめたい」「恥ずかしい」などと思わず、「気持ちイイコト」を追求してみるのもおすすめです。

かつての女性のストレス解消と言えば「食べること」と「ショッピング」が代表的でしたが、今やそれだけにはとどまりません。「何か変化が訪れないかなぁ」と思っているだけでは日常は変わりません。ぜひ自分から「変化を作って」心のもやもやを解消しましょう。


【関連記事】





【新サービス事前登録のご案内】
あなたの「経験談」を、誰かの役に立ててみませんか?

オールアバウトは今後、「経験談」を売り買いするプラットフォーム「エクシェア」を開設予定です。「夫が不倫→離婚してシングルマザーになった」「3年間のセックスレスを乗り越えた」「子連れで再婚した」など、あなたの体験談を登録してみませんか?

あなたの経験が、きっと誰かのチカラになります。副業としても、ぜひお気軽にご参加ください!

登録はこちらから

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。