子どもの骨折

骨折

子どもは運動量が多く、事故などで骨折することがあります

子どもは元気に外で遊んでいて、走り回っているうちにこけて、骨折することがあります。子どもの骨は、成長の途中にあり、骨には多数の小さな空洞があって、骨を覆っている骨膜という膜が厚くて丈夫であるために外力に対して、柔軟性がありますが、そのために、大人と違う骨折になるわけです。





骨折の症状

骨折では折れた骨が骨膜に当たり、痛みが強くなります。
  • 関節に近い部分なら動かすことができない
  • 少しでも動かすと痛みがある、または動かすと泣く
  • その部分の腫れや赤み、触ると痛みがある
  • 手足、指などの変形
などです。小さい子どもはあまり痛いと言ってくれないので、動かすと泣く、腫れている、右と左と形が違っているなどを見てあげましょう。

骨折の検査

骨折検査

骨はX線検査で白く写りますので、黒い線が入っていると骨折です

できるだけ怪我をした時の状態でX線検査を行います。いくつかの方向から撮影します。腫れている部分だけでなく、できるだけ範囲を広くして、骨折した部分をチェックします。





骨折の治療

基本的には、骨がくっつくまで、変形を起こさないように、固定をします。場所によって治療方法が異なってきますが、ギプスや包帯を使って固定します。しかし、開放骨折といって、傷が開いている場合、神経や血管まで損傷している場合は、外科的な手術が必要になります。

次のページでは、専門的になりますが、部位による骨折について説明します。