iPhoneはソフトバンク版とau版とがあるが、今回はau版iPhoneの価格についてまとめてみよう。なおソフトバンク版は「iPhoneの価格と購入時の注意(ソフトバンク版)」を参考にして欲しい。


au版iPhoneの価格は?

auでiPhoneを購入する際は、ソフトバンク同様に毎月端末代金分を値引かれる仕組みがある。「毎月割」を適用することで、16GBモデルであれば実質負担0円にすることが可能だ。
iPhone独自の料金プランで、端末価格がぐっと安くなっている

iPhone独自の料金プランで、端末価格がぐっと安くなっている



データ通信料金は定額制のみ

まず本体価格だが、一括で購入した場合、16GBモデルが6万1680円、32GBモデルが7万2000円、64GBモデルが8万2320円となっている。24回の割賦販売の場合、毎月の支払いは16GBモデルが2570円、32GBモデルが3000円、64GBモデルが3430円となる。

ここから「毎月割」として、24カ月にわたって、値引かれるのだが、新規契約の場合は毎月2570円、機種変更であれば2180円が値引き額として設定されている。つまり、16GBモデルであれば、新規の場合、実質無料となるし、32GBモデルは430円、64GBモデルは860円を支払うことになる。

次にデータ通信料金だ。auではiPhone5に合わせてLTEを導入したが、料金プランもLTE用になっている。ただし、従来とは料金が変わらず、据え置きだ。このあたりはLTEを機に値上げしたソフトバンクとは異なる。

iPhoneを購入した際には「LTEプラン」に加入しなくてはいけない。月額5460円(キャンペーン料金)で、フラット定額制しか選択できない。キャンペーン終了後は5985円となる。ちなみにソフトバンクではフラットの定額制と2段階の定額制など3つが選べるようになっている。

次のページでは、音声料金と機種変するときの注意点を解説しよう。