面接で評価を高めるためにはどうするか

alt

面接官としっかり対話しよう

では最後に、面接で評価されるためにできることについて考えてみましょう。

面接は一種のオーディションであることから、基本的には面接官が聞きたいことに答えていく必要があります。つまり、応募者が話したいことを自由に述べるのではなく、質問されたことに答えることが第一です。つまり、まずは相手の想定している回答をする必要があり、期待以上の回答をすることで競争にも勝てるようになります。

実際は、ここで述べた基本が守られていないことが大半です。たとえば、自分勝手に自己アピールを繰り返しても、それが面接官の聞きたいことではないことがよくあります。質問されたことに対して、「お答えになっているかわかりませんが」と前置きして、勝手に好きなことを話している人もたくさんいます。また具体的な自分の実績を話さず、たとえば「優れたリーダーとは模範を示すことです」と一般的な意見を発言しただけで、自分の回答に満足している人もいます。

面接で評価が高い人は、面接の場で面接官としっかりと対話をしているものです。相手の話をよく聞き、相手が関心を持ちそうな話を選んで重点的に話をしています。もともとお互いに他人であり、共通点もないはずであるという前提に立って話をするため、話がシンプルでわかりやすいのも特徴です。そして常に結論から先に話し、必ず具体的な事例を交えて話をしています。

面接で評価が高い人のこうした行動特性は、日頃の仕事の取り組み方にも応用できます。つまり別の言い方をすれば、仕事ができる人は面接でも評価が高い人なのです。地道に仕事の能力を高めていくことで、面接力もつくのだろうと思います。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。