キラキラネーム、どう思う?

赤ちゃん

読めない名字や名前は昔からあったが……

当て字や個性的な名前のことを、最近では「キラキラネーム」と呼ぶそうです。「どこからがキラキラネームか?」の基準は、「どこからが浮気か?」くらい人によって意見が分かれるところ。読めない名前はキラキラネームなのか、どこかのサイトにそう書いてあればキラキラネームなのか……。

キラキラネームに賛成派、反対派それぞれの主張は? どちらが正しいのか白黒つけるのではなく、双方の意見を知ってもらうために、「子育て事情」ガイドの2人が手紙形式でお届けします。記事を読んだ感想や、読者の皆さんのリアルな声もぜひお聞かせください。

賛成: 「キラキラネーム、余計なお世話!」


「変わった名前のせいでいじめられる」という、ネットでよく見かけるキラキラネーム反対派の主張は、同意しかねるのです。名づけって本来「愛着のあるもの」に「特別な呼び名を与える」ことですからね。名づけた親が「絶妙のさじ加減の素晴らしい名前。つけたオレを褒めて」くらいに信じ切って、愛を込めて子どもに由来の話をしていれば、子どもはその名前を愛するようになるし、自分らしいと感じるわけで。「愛」の伝達なんですよ、鍵となるのは。人がどう言うかではなくて、自分たちがどう信じているかが大切ですよね。……


反対: 「キラキラネーム、やはり謎」


実のところどこからどこまでがキラキラで、どこからそうじゃないんだか正直よく判んなくて……。自分の子どもの名づけで一点すごく気にしたのは、漢字で書くならばとりあえず普通に読めるということ。でも、そういった私の基準と真逆にあるのが「キラキラネーム」なんですよねぇ。正直なところ、「キラキラネーム反対!」とかいう以前に、不思議でならないんです。私。なぜ、敢えて他人に読んで(呼んで)もらえない名を、我が子に名付けたいのか? なぜ、敢えて「ひらがな」「カタカナ」じゃなく読めない「漢字」をわざわざ使わなければならないのか?……



>> 次のページは、賛成VS反対、読者の皆さんからそれぞれ寄せられた声をご紹介