初めてだけどきちんとした作品を作りたい人に

パッケージ

「PowerDirector 10」パッケージ

サイバーリンクのビデオ編集ソフト「PowerDirector 10」は、ビデオ編集は全くの初めての人が、「カッコイイ作品だね」といわれるムービーを作りたいというユーザーにおすすめです。というのも、PowerDirector 10では、高度な編集機能を簡単に利用でき、だれでもがプロ並みのムービー作品を作ることができるからです。

なお、PowerDirector 10は64ビットOSにネイティブ対応しているので、快適な編集作業が可能な点も、オススメポイントです。


多彩な編集モード

PowerDirector 10を起動して最初に出会うのが、編集モードの選択メニュー。通常のビデオ編集では「フル機能エディター」を選択するが、「イージー エディター」を利用すると、以下のような5つのステップでプロ並みのムービーが作成できるのです。ユーザーが行う作業としては、素材の選択とスタイルの選択、そしてBGM用データの選択くらい。あとはボタンをクリックするだけでムービー作品が完成してしまうのです。
00

PowerDirector 10を起動すると表示されるモード選択メニュー。初めての場合は、「イメージ エディター」を選んでみよう


01

1. 最初にAVCHD形式の映像データを取り込み…


02

2. 映像のテーマに合ったスタイルを選択します


03

3. 次にBGM用のオーディオデータを選択して…


04

4. プレビューでムービー内容を確認します


05

5. そして映像ファイルを出力すれば、ムービーの完成


sakura

たった5つのステップでムービーが完成します