ビギナーだけでなく中級者にも嬉しい機能が満載

サイバーリンクの「PowerDirector 12」

サイバーリンクの「PowerDirector 12」

サイバーリンクのビデオ編集ソフト『PowerDirector 12』は、使い方が簡単な上に高機能な編集機能を備えていることから、ビデオ編集が始めてのビギナーから、オリジナル映像編集に慣れた中・上級者にも固定ユーザーの多い編集ソフトです。

なお、PowerDirector 12は64-bit OSビデオ処理エンジン「TrueVelocity」を利用し、Intel Core i7 またはAMD FXシリーズのCPUを搭載した64-bit OSマシンであれば、これから主流となる4Kビデオを取り込んで編集をし、さらに書きだすことにも対応。しっかりと将来を見つめ、長くつきあえるビデオ編集ソフトといえます。

サイバーリンク「PowerDirector 12」の編集画面

サイバーリンク「PowerDirector 12」の編集画面


筆者がPowerDirector 12を気に入っている理由の第1が、構成するプログラム機能なのです。PowerDirector 12をインストールすると、実はPowerDirector 12本体に加えて、「イージーエディター」「スライドショークリエーター」という2つのプログラムも組み込まれるのです。ちなみ、PowerDirector 12本体は、「フル機能エディタ」と呼んでいます。実は、この付属プログラムも使いやすいのです。
PowerDirector 12の「フル機能エディター」に加えて、「イージーエディター」と「スライドショークリエーター」という2つのアプリが付属している

PowerDirector 12の「フル機能エディター」に加えて、「イージーエディター」と「スライドショークリエーター」という2つのアプリが付属している